スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅控除

4月には基礎工事がスタートするところまでこぎつきました。
まだまだ決めなくてはならないことが山積みな日々です。

さて本題です。資金調達の案件。
さわパパ普通の会社員。
「現金一括で!」なんて男前な器は当然持ち合わせていない。
しかーし!ありがたいことに、今は希に見る低金利状態。
はじめはネット関連の変動型住宅ローンに目を奪われたが、情報を集めるうちに
やっぱりフラット35に落ち着きそうな今日この頃。
35年固定1.47%ですよ。20年固定1.2%ですよ!
合わせて住宅ローン控除は10年間1%ですよ!

です。
そこで満足しちゃいけません。もらえるものは何でも頂戴する。
更に調べていくとある一定の条件を満たした住宅には国からの補助で当初10年間0.6%金利引き下げが受けられるじゃないですか。
そうなったら10年間金利が0.6%ですよ。。固定なのに。安心とお得の両取りです。

という情報から工務店さんにその旨を話したところ
その補助をほとんど知らないという話。

そういうものなんですかね^-^;
まったくもって安心なりません。

知ってて申請しないのと、知らなくて申請しないのでは大きく違う。
住宅ローン控除、すまい給付金、住宅エコポイント等々・・ 控除、補助等は自分で調べないといけなさそうです。
あ・・明日は半日休暇をとって 銀行にフラット35について相談してきます(^_^)\
先はまだ長いな。。

スポンサーサイト

補助金を搾り取れ!

見積もりの段階で500万オーバーは痛い。
もちろんメリハリを付けて金額を下げていくことが本筋ではありますが、
補助金もしっかりいただかないといけません。

まずはフラット35s狙い。
設計士さんにお話をしたところ、
断熱仕様で申請すれば床の断熱材の変更でその他は該当するとのこと。
さらに予算の増額無しに金利Aプランでいけるとのこと。
ありがたい!

金利Aプラン(国の補助)とは
当初10年間、金利を0.6%引き下げ措置(国が補助)というもの

我が家では100万近い減額になる。

また、住宅エコポイントもフラットSが通る時点で、その断熱証明によりこちらも通過するはず。
(フラットよりも基準が甘い)
満額30万の補助。

最後に住宅ローン控除。
これは誰でも控除対象ですが・・
10年間控除で150万弱。

その他、県産材補助、太陽光補助。(金額は分からない汗)

等々・・なんとかローンの金利くらいはまかなえると嬉しい感じです。

他に補助あったら教えて下さい!!!!!!!!!
求む!補助金情報!!
さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。