FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YKKショールームいってきた

凝りもせずに次はサッシ等のショールーム 笑

今はいろんな窓があるんですねー
っていっても窓の開け方?みたいなの。
普段気にしていないから設置場所によってちょっとした変更が
どうやら快適な住まいのひとつらしい。。

風がほしい場所 ⇒ 縦開き窓(っていうらしい)(横に開く窓)
雨が吹き込むと困る場所 ⇒ 外開き(下側ね)
家具とかで届きにくい所 ⇒ なんだっけw

みたいな。
ぶっちゃけ第一種換気システム+一括空調(全館かIFかは未決定)だから
開けるのかなという疑問がありつつも・・

窓の性能としては我が家はおそらくLow-Eの 断熱になるかなぁ。
遮熱よりかは空調入れる予定だから。

そしてシャッターなんかも。。1階は防犯のためにもつけたいと考えるさわパパは
電動が欲しい!!
絶対手動じゃ締めなくなるもん 涙

玄関もいろいろあるけどこちらは妻におまかせです。

なんとなくイメージできるようになってきたので心もウキウキしてきたょ!
設計士さんはやく案をくださいな。
スポンサーサイト

気密断熱性について考えるシリーズ1

家族会議にて決まった方針

サッシは外アルミ・内樹脂の複合となりました。
YKKAPW310 or YKKAPエピソード
コメントアドバイスを達成できずに残念です。
310のほうがU値2.33のようなのでほぼ決まりかな。。
さわパパとしてはAPW330まで背伸びしたいけど。

そしてこれまたコメントアドバイスにより知った
吸気換気扇!
花粉除去シリーズが結構あるジャマイカ!
多少の電気代UPには目をつぶっても花粉症が軽くなるならこれは譲れない!
実現してみせる!

さりげなくエアコン調査を名目に気密性を示す数値を工務店に質問したところ
はぐらかされました。
まぁ数値が出せないことがわかったってことで良しとします。
後日工務店の息子の家をじっくり見学させてもらうという条件を引き出したので
体感してきますです。

リビングの窓

ちょっとずつ進んでいるさわパパです^^;

今日はリビングの窓について考察してみました。
まずは間取りの確認
Lmado1.jpg
南側の窓をどうするの?ってことです。
案は今のところ次の通り。
案1 幅2730mm全てをひとつの開口部として掃き出しにする。(この場合3枚サッシ)
案2 実は青い部分に柱が欲しいかも。。。(梁をしっかり通したい)となると、
   柱をつくり、東側の幅910mmをFIXの腰高窓にして、西側幅1820mmを掃き出し窓(2枚サッシ)にする。
案3 案2で西側も腰高窓(開閉できる)にする。

ちなみに東側テレビの上の方に採光取り窓を天井から300mmくらいの所に横長にFIXで取ろうかなと考えています。

どの場合もチラッと見えるリビング接続の和室(東側)は幅2730mmの掃き出し窓(引き違い3枚)にする予定です。
大物の出し入れはこちらからできるかな・・と。。

おしゃれな感じ(HMっぽくないように)したいなぁと考えていますが、生活感も大事にしたい。。断熱性気密性も確保したい。。。

欲張りなので決め手に欠け、悩みます。

リビングの窓・客間の窓(南面1階)

さて・・先出の窓。
アドバイスいただいて追記します。

結局リビング側の南面する2730部分は柱を挟むことになりました。
よって柱から東側910は掃き出しの樹脂FIX窓(採光を選択)
西側の1820は掃き出しの樹脂引き違い窓APW330(の可能性が高い)です。

さらに客間においては
こちらも南面する2730部分は掃き出し樹脂窓になりそうです。
問題はAPWに2730寸法が無いため、エピソードになりそうです。

良いものを見ていったらキリがないのでどこで妥協点を見つけるかの問題となりそうです。
リビング窓については、腰高は家族の了解が取れそうにないため掃き出しになります。
そうなるとせめてAPW330を入れたい。。

Hさんもおっしゃっていますが引き違いの気密性に一抹の不安も残る。。
客間については2730と開口が我が家最大となります。リビング程は気密断熱には拘らないけど
最低限樹脂サッシにしたい。。後はAPW3枚立てはないらしいので
APWで2枚にする→開け閉め重くない?
エピソードで3枚にする→まぁ仕方ないかな。。
APWで4枚にする→うーん。。
エピソードで4枚にする→う~ん。。。
引き違いじゃないジャバラみたいなの??→壊れそうじゃね?

みたいな。。悩みどころです。

あっリビング東側テレビの上。採光窓チャレンジになりそうです笑

窓選び

今回は窓について。

全体的に決まっていることは

サッシはアルミ樹脂のエピソードもしくは樹脂樹脂のAPW
LDKと和室についてはAPW
その他の居室はエピソード
を基本としています。
まぁ本当は樹脂樹脂サッシを全てに使いたかったのですが、予算と居室使用時間を考え断念。

ガラスはlow-eペアガラス。
問題は高断熱仕様にするか、遮熱高断熱仕様にするか。。
方向性としては
北側と南側の庇がしっかりついている窓は高断熱仕様
西側と南側の庇がない窓は遮熱高断熱仕様
東側(LDKのみ)は迷うところ。セオリーからいくと遮熱高断熱仕様なんですが、
高断熱仕様を考え中。
(冬場の朝の日射熱を取り入れることと夏の朝の暑さと比べて、冬優先)

結構重要な気がします。。どうなんだろうか。

サッシが入りました。

6月は雨が続いたせいか、気温もあまりあがらず終わって見れば過ごしやすい月でした。
7月は・・・そうは行きませんね^^; 今日は暑かった。。。

さて、家のほうは進んでおります。
先日、少し早く仕事をあがれたので、現場を見学しに行きました。

未だ はめ込まれていないサッシがごっそりと置いてあるのを発見。
興味津々で嘗め回すようにチェック。
すべてプラチナステンの枠にしたんですが、なかなかいい色。
イメージの通りというか新しいからなんでもよく見えます。

low-e複層ガラスのスペック確認。
3-A16-3 ガラス3mm空気層16mm。
サッシ枠最大22mmだったと思うので、こんなものかと。。
すりガラスのほうは
4-A15-3だったかな。

このガラスの厚さと空気層の幅って選択できないんですかね?
工務店さんからは何も聞かれなかったので。(low-e複層、断熱遮熱のみ)
YKKAPのHPにも細かいことは書いていないし・・
細かいところだけど大事な気がするんですけどね。
値段にも跳ね返って来ないのかな?
大きな誤差はないんですかね。。

アバウトな工務店さんだから?
何でもかんでも知りたい夫婦にとっては気にかかるところです(特に嫁)

ちなみにガラスはすべてブルー。
家の一部として組み込まれたら色がマッチしていると良いな。。




和室の戸の高さは

我が家も最近の流行に合わせてLDKに和室が接続という間取りを採用しています。
戸襖

このような間取りの場合、和室とその他を行き来するところには戸襖を採用される方が多いとか。
我が家もその本流に乗ってか乗らずか戸襖を採用(する予定)。

しかし、ここで必ず選択を迫られるのが戸襖の高さ。
この戸襖なるものはその名の通り片面が洋風、もう片面が和風という作りの代物。
あまり高さのあるものはないらしい。
理由は面によって材質が違うのであまり高くつくると「反る」らしい。
うーん。そうなのか。困った。。

我が家はLDK側が天井高2600mm 和室側2400mm
できれば和室側の2400mmを希望なんですが、そういった理由から物がない。(らしい)

先日セキ○イで新築したお宅に新築祝いがてら、お邪魔したときもやはり同様に2000mmの戸襖を採用していて思ったことは
せっかくのLDK和室の一体感がこの小壁により台無しではないか!(大袈裟)」

さわパパは少しでも空間を広く。そして閉めたときは和室らしさをそこなわずをできるだけ実現したい!
工務店さんに思いを伝えたところメーカーに問い合わせてくれたようで2300mmが目一杯との回答。
やはりこれ以上にすると「反る」危険が大きく造れない(造らない)とのこと。
2300mm。。良しとしよう!
ということで2300mmの戸襖が入る予定です。
あれ?YKKAPのラフォレスタでできるのかな?
大事なところ確認忘れた。他のメーカー建材だったりして・・汗
そしてやっぱり反って即効開かなくなったりして・・・

ピンチ(程でもないけど)はチャンスに(前向きにw

前スレにて一悶着(さわ蔵パパだけ)ありましたが、
中途半端なものを選ぶのならば思い切って100%開口要望を満たすものを!と考えを正しました。笑

戸襖は捨ててアルミ仕様の2400mm高間仕切りではどうか!?
和室は大壁で見せ柱ないし、クロスはまだ決めてないし。(今回のスレのポイントはある意味ココかも)

さっそく戸襖が脱落したため一躍我が家の注目の的はコレ
間仕切1
10種類くらいバリエーションがあるようですが、我が家のコーディネートの進み具合からはここら辺。
間仕切りYKK

とまぁ方向性は確定。YKKだし文句ないだろう。

KAMIYAのMONSTERとか心惹かれたけど。笑
kamiya.jpg

話が少し変わりますが、工務店の方からは次なる司令がぁぁ!!
「造作TVボード、キッチン造作カウンター、階段の色を決めてください」

TVボードはリビングの見せ梁、見せ柱と同じ色で。
カウンターは・・言ってる意味がまったく理解できなかったので保留。汗
階段は、踏面が1F廊下と同じ色、蹴上げ部分はうーーん。。白???

工務店の方「さわパパさん、白ってどんな感じですか?」
さわパパ「クロスと合わせたいんです。クロス決めてませんよね?クロスのカタログ?見本?頂かないと決められないです。」
工務店の方「うーん弱ったな。階段はすぐはじめたいんだけど。」
さわパパ「クロスは白系と決めてますが、白と言ってもいろいろありますよね?家に統一感を出したいのでクロスが決まらないと階段の蹴上げは白としか答えられないです。」

施行の過程で最終決定の順番があるのは分かります。
だけどコーディネートにその過程は関係ない。(住む側には知ったこっちゃない)
家の中でほとんどが壁紙を使うわけで。..
そこを決めさせて貰わないと他が決められないのではないだろうか。。

少なくともさわ蔵一家はそう考えているわけで。
早くから工務店の方には催促しているわけで。

こんなズレがしょっちゅうです。もーーーーー><

カーテンについて①

クロスも貼られ部屋の感じがはっきりしてきました。^^
(紹介は後日します。)

そこで次はカーテンの選択。

その前に我が家のスタンスですが、LDKと和室については良いものを。
その他プライベートルームについては価格と性能重視。

まずはカーテンじゅうたん王国にて見積もりをいただきました。
ここで選択ポイント
・LDKの2つの掃き出し窓をカーテンにするか。ハニカムスクリーンにするか。
・和室の掃き出し窓をLDKにあわせるか。ブリーツスクリーンにするか。

現時点では
LDKはハニカムスクリーンを内窓に設置。
和室はブリーツスクリーンで和を演出。
したいと考えていますが・・

後はやはり予算との兼ね合い。

断熱性能がよいといううわさを耳にするのだがどうなのか?という疑問も。
また、内窓なのか?それとも枠外設置がいいのか?
など勉強不足な部分もかなりあり決めかねています・・汗
内窓にするとすっきりして良いんだけれども隙間がどうなのか等
(もちろん隙間を塞ぐオプションはあるようですが・・)

とりあえずじゅうたん王国の見積もりは工事費込みで約50万・・・高すぎる!!
帰りによったニトリでも同じハニカムスクリーンを取り扱っているということなので、ニトリでも見積もりを出してもらうことにしました。
ニトリの見積もりは明日になるそうです。

ニトリの見積もりと比べて結論を出そうかなと。。

カーテンについて②

カーテンひとつ決めるものタイヘンなんですね。

わが家はとりあえずカーテンとハニカムスクリーンを使うことになりそうです。

ハニカムスクリーンについては
LDKの
①東側掃き出し窓
②南側の掃き出し窓
③南側の小窓
和室の
④掃き出し窓
です。
ハニカムスクリーンの詳細(メーカーのHP)
参考にさせていただいた先輩のHP ( 新築活動記〜あんじゅホームで建てた高気密高断熱住宅〜 )

①については窓自体にある庇しかありません。また、日差しを遮るような近隣住宅などもありません。
この窓についての特徴と役目は
朝日がばっちり取得できるため、断熱と採光という相反するものが欲しい所。
ということで、ツインスタイルのハニカム不透明+ハニカムシースルーを選択
ツインハニカムにすることで断熱をある程度確保すること、不透明とシースルーで採光も調節できるようにと選択してみました。

②③はまとめて。
南側ですが、二階のベランダが1350mmせり出しているため直射日光がほとんど入らない状態。
この窓の付いての特徴と役目は
採光も確保しつつ断熱もある程度したい。
ということで、ツインスタイルのハニカム不透明+ブリーツシースルーを選択
ハニカム不透明で断熱を。ブリーツシースルーでは断熱はおちますが、採光を重視と選択してみました。
ブリーツにしたのは予算を抑えるということが一番の理由ですが・・(これで2万程度削減できます)

④については、和室ですが②③同様そこそこ直射日光が入らないようになっています。
この窓についての特徴と役目は
採光を確保しつつ寝室としての可能性もあるため断熱はもちろん遮光も確保したい。
ということで、ツインスタイルのハニカム遮光+ブリーツシースルーを選択
ハニカム遮光で寝室として完全に光をシャットアウト+断熱を。ブリーツシースルーでは障子のような採光をということで選択して見ました。

今回LDKと和室の窓はすべてハニカムスクリーンを採用して見ました。
LDKと和室についてはYKKAPW330(樹脂樹脂のLOW-Eペアガラス採用)しています。
(そのほかは樹脂アルミLOW-Eペアガラス(エピソード))
そのサッシとこのハニカムスクリーンでどこまで快適に過ごすことができるか住んでみての楽しみです。

ココまで想定して設定したので使い勝手が悪くても自分が納得できればいいなぁと思います^^

ハニカムカーテンのその後

先週から新居生活の幕が切って落とされました。
なかなか勝手が掴めなて疲れます^^;
住み心地リポートもそのうちアップする予定ですのでお待ちください。(誰も待ってないけどね)

さて、タイトルのとおりカーテンの代わりに取り付けたハニカム関係についてです。
暴れん坊の娘が寝転がって足でガンガン蹴るという見ていられない状況があり、壊れる前にレポートしておきます ^-^;;

まずは和室のハニカムカーテン
和室ハニカム1  和室ハニカム4
左が全体で右が下部です。
見てのとおりですが、おかげさまで窓枠に取り付けることができたため、スッキリと収まりました。
個人的な感想ですが、カーテンの場合レールは壁に取り付けになるし、カーテンのヒラヒラとかもあって壁から10cmくらい出るじゃないですか。
人間の感覚的なところですが、限りある部屋のスペースを結構奪っているような気がします。
※娘はおとなしく座っていますが、大好きな「いないいないばぁ」の録画を鑑賞中ですw

和室ハニカム3
我が家はチェーン式を選択。
ネットでの口コミにもある、「紐の部分がすれて切れる」という事態は避けられないような感じです。スクリーン自体が結構重く、開け閉めの際にはかなり力がかかっているのが分かります。
和室ハニカム2
メカの部分は壁からちょっとでています。
リビング西ハニカム1  リビング南ハニカム1
リビングのほうのハニカムも同様にこんな感じ。
見た目シンプルにすっきりと仕上げたい方にはおすすめかも。
断熱効果については、もう少し寒くならないと分からない感じです。

リビングの掃き出し窓2つはハニカム+ブリーツ。
ブリーツはカーテンで言うところのレースの役割を期待して選択しましたが、
予想以上に外から見えない感じです。もちろん中からも外は全く確認できませんが・・・

今後、問題が出てきたらまたご報告します。
とりあえず今のところはハニカムカーテンには満足しています。
その分コストがかなりかかりましたが・・

玄関扉が・・・

ブログ初の3連投稿。
お伝えしておりませんが、住み始めた我が家もあちこちが壊れてますw

「完成したものは後は壊れていくだけ」の言葉通りです。涙

ちなみに日光東照宮の陽明門は柱が一本逆さまに作られていて
「まだ未完成」らしいです。笑

余計なうんちくはこの位にしておいて・・・
我が家の玄関。
玄関扉外
えぇ。まだまだ綺麗です。

しかし!よく見ると
玄関破損
扉を勢いよく開けると煽られてガツンと。。大涙
住み始めたときに、危惧されていた案件で一応涙目を貼っていましたがそんなものでは済まない衝撃だった模様。

ネットで調べると
玄関戸当たり
戸当たり防止のこのようなものを付けるしかなさそうですね。
玄関タイルの隙間に穴をあけてアンカーボルト仕様しかなさそうですね。
うーん。素人DIYでそれはあまりやりたくないな。。
パッキン処理とか自信ないし。

何か妙案を考えないと。。。。

風通しが・・

今日は暑かったですね。
えぇ・・・一日仕事していましたがね。

梅雨に入ったというのに少雨でムシムシ暑い日々が多い今日この頃です。

さて、住宅関係のスレですw

まずハニカムスクリーン!
断熱性能が高いということと、スッキリ見せられるということで設置した我が家ですが、
スッキリさ加減については今のところ最高です。断熱性能については・・よくわからないといったところです。(比較がない)
この時期、外の空気がまだすがすがしい時期は風を通さない!
完全空調にはもってこいのようですが、外の空気を取り入れるはちょっと工夫が必要そうです。

風を取り入れるといえば・・
我が家のパントリー(勝手口)の扉はコレ
勝手扉2
我が家の勝手口は道路に面しております。一応不審者がすぐに入ってこられないようにと考えると網戸による開け放しは防犯上危険です。
そこで
勝手扉1
こやつを設置しました。
扉を開けずに窓を開けるといった工夫ができるものに。
結構ここからの風が入ってきます。(パントリーのにおいも少し入ってきますが・・・)
しかし、この時期の風通しについてはファインプレーな設置でした。

全館空調のご家庭は気にすることではないでしょうが、自然吸気派にとっては扉の選択はかなり重要そうです。
住んでから気が付いているさわパパからでした。

さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。