スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅控除

4月には基礎工事がスタートするところまでこぎつきました。
まだまだ決めなくてはならないことが山積みな日々です。

さて本題です。資金調達の案件。
さわパパ普通の会社員。
「現金一括で!」なんて男前な器は当然持ち合わせていない。
しかーし!ありがたいことに、今は希に見る低金利状態。
はじめはネット関連の変動型住宅ローンに目を奪われたが、情報を集めるうちに
やっぱりフラット35に落ち着きそうな今日この頃。
35年固定1.47%ですよ。20年固定1.2%ですよ!
合わせて住宅ローン控除は10年間1%ですよ!

です。
そこで満足しちゃいけません。もらえるものは何でも頂戴する。
更に調べていくとある一定の条件を満たした住宅には国からの補助で当初10年間0.6%金利引き下げが受けられるじゃないですか。
そうなったら10年間金利が0.6%ですよ。。固定なのに。安心とお得の両取りです。

という情報から工務店さんにその旨を話したところ
その補助をほとんど知らないという話。

そういうものなんですかね^-^;
まったくもって安心なりません。

知ってて申請しないのと、知らなくて申請しないのでは大きく違う。
住宅ローン控除、すまい給付金、住宅エコポイント等々・・ 控除、補助等は自分で調べないといけなさそうです。
あ・・明日は半日休暇をとって 銀行にフラット35について相談してきます(^_^)\
先はまだ長いな。。

スポンサーサイト

立面その4

さて・・外観シリーズも4まで来てしまいました。
最初は「外観はどんなでもこだわりないよね」とかいっちゃってた自分が恥ずかしいくらい
あーしてくれこーしてくれと注文をつけております ^-^;

それはさておき、、
2F屋根と軒についてはとりあえず
南面3
こんなかんじ。。
頂点をあわせて屋根をひとつにしたために、高さの基準をバルコニー側にあわせてもらいました。
そのため西側の部屋が母屋下がりに。居室としてはギリギリに確保してもらうようにしていただいたのですが
窓からの採光はかなり落ちたかもしれませんね。
まぁしかし、東側に高さをあわせるとバルコにー上部の軒が高くなりちょっと強い雨風がしのげないのはどうかと
天秤にかけてこんな感じに。それと屋根の頂点が高くなると斜線規制にも引っかかるのもあり。。
(下の図の斜めに書いてある一本の線がまさにその規制線です汗)
妻面の軒の出が300mmが個人的に少し残念な気がします。なんと見てくれをとってこの出に。
後で後悔しないといいな。。
東面
次に東からの率面で。。
おかげさまで1階小屋裏を1400mmとれました。秘密基地計画一安心 笑
さてここで、2階の屋根裏もなにげに高さがあるぞ。ここも1400mm余裕で取れるな。なにか使えないかな。
いやいや予算もあるから予算を見てから・・などと葛藤しているところです。

そこで、
2階ロフト
セカンドリビングは将来娘の部屋と考えているので、ここにロフトが造れないかな。。。とか考えています。
断熱とかおちますけどね。。ええ。

まぁお金の話は現実問題身のたけが基本なので予算を出していただいてからということになります。

太陽光発電システム

今回は太陽光について。
なぜ突然太陽光なのか?

太陽光の申請が3月と4月では年度切り替えで買取37円が継続されるかどうか読めない為、今年度中に契約してしまおうという方針となった訳で。(本当は全体の予算をみて、太陽光の容量を調整したかったのに・・・)と大きな声で愚痴りたいところですが、結局自分の計画性のなさが原因なのでなんともいえません。汗

さて、太陽光の性能のほうですが、
パナソニックの244wを20枚設置予定。合計4.88kwと相成りました。
設置条件も割と良く、南南西向きの5寸勾配屋根で西側太陽が沈むまで搾り取れる環境になりそうです。
当建築地域におけるメーカーさん推奨の優先した屋根勾配に決めました。
本当は外観からもう少し緩やかな勾配がよかったのですが・・・

とりあえずうちの構成メンバーを考えていくと、4~5kwが標準らしいのでまぁ良しとしますか!という感じです。
どうなんでしょうかね。^-^;

立面その3

外観の続き
東面からの視点で考えてみます。
最初に出された案は以下の図の通り
手書きが消えてないのは許してください。汗
立面東1
すでに何度も出ているバルコニーを支える柱が柱ですね・・・・。

これじゃ意味が分からないですね。^^;

見た目が
「どうみても建築上支えるために必要な柱」と感じるのではなく
「外観を彩るためのお洒落な柱」と思えるようにしたい。
 (ナニ乙女チックなこといってるんだオマエハと言われそうですが汗)

これをさわパパでは通称「かっこよく」したい。ですw
伝わらないですよねー。

そして代替え案がこちら
立面東2
うわ。。全面壁になってる。。汗
確かに支える柱とはみえませんけどこれだと・・

軒説明2
バルコニーで洗濯物干したら全て日陰干し!!ラッキー-
なわけないです。汗

あちら直せばこちらが・・・
なかなか意図は伝わらないものですなぁ。

でも一歩ずつ着実にゴールに向けて進んでいるのでよしとしましょう。
設計士さんも丁寧に対応してくれるし。(←これ重要ね)
つづく。
次回、2本立て
・南面の屋根はどうするの?編
・屋根は頂点そろってなくていいの?編
です笑

立面その2

ムラッ毛たっぷりの連日投稿です。
(「時系列どうなってんの!」とかいう質問は却下です。笑)
さて、前日に立面その1をご紹介させていただきましたが、
電話にて設計士さんに変更ポイントをかなりアバウト(まとめると「かっこよくしてください」)とお伝えしたところすぐに別案をいただきました。

立面南2
※画像がよれていてスイマセヌ。一応断っておきますが地面に対してまっすぐ建てるつもりです。汗
前回に比べれば「ひとつの建物」らしくなりました。
南からのみの立面なので伝わらないですが、いろいろ「かっこよく」 「今風に」なってますがそちらは後ほど・・

とりあえず話を戻して南面から伝わることで
再調整を考えている点がいくつかあります。
・東の2階がのっていない屋根が寄せ棟になってる。ここは切妻に戻して貰いたい!
 ※1階屋根がすべて寄せ棟に変更されております。
・妻面の軒がなくなってる!ここに軒を300mmでもほしい。
 ※軒がなくなった理由は東面をみるとわかるのですが、カットで。
立面南2-2
東の1階屋根にこだわる理由は、ここ小屋裏を予定してるんです。
寄せ棟だと引き出し程度の小屋裏になってしまいます。
悲しいです。涙
ここの小屋裏にこだわるのは私のもくろみが2点あります。
・まだ子どもが小さいので布団を敷いて寝ているんですが、その布団を格納する場所としての収納力を持たせたいんです。
・娘の成長とともにベッドになった暁にはわたしの秘密の部屋に・・・イヒヒヒ

なので譲れない!!(ガッツリ私欲がからんでおります)
まだまだ変更盛りだくさんですが、長くなるので本日はここまでです。

立面その1

さて、バルコニーの柱は・・・の続きです。
※重複しているところが多々あります。

前回も少し触りましたが、間取りがほぼ確定したことにより立面図を設計士さんからいただきました。
南面はこんな感じ

立面南1
我が家はおおまかにいうと長方形です。
南面はその長辺にあたる面になるため14m強あります。
間取りの都合上屋根の頂点をずらしてもらったんですがかっこ悪い(※個人的感想)
電話口で説明するのも伝わらないと思ったので、設計士さんにはとりあえず
「かっこよくしてください」とお願いしました。

かっこよくないポイント
・屋根の頂点がずれていて一体感に欠ける
・バルコニー・軒を支える柱が「柱」という自己主張が強すぎる
・上下ツートン
・(左側にみえる)玄関が家屋とマッチングしていない
※上記のものは、あくまでも個人的美的感覚に基づいておりますので気分を害される方がおりましても責任は取りません。笑

用が足りると思い南面だけアップしました。
他の面も見たい方がいたらコメいただければアップします。(約束はしませんが)

しかし我が家は切妻なのですが、妻面の軒の出が深いと見栄えがよろしくないんですね。1階シャッターいらないし・・

気を抜くと

かんばんわ。
気を抜いたら更新が滞りました。汗

間取りはほぼ決まり、屋根等外観についてちびちび進行中です。
特に書くことがなく。。。

今日は娘のオムツストックが心もとなくなったのでジョイフルホンダさんにお買い物。。
目的はオムツだけだったのですが、たまたま入った入り口が住宅設備スペース^。^
そしてたまたま見かけたソファーに一目ぼれ。
「これ置きたい!」
妻も「これいいね!」

珍しく意見があった。笑
そのソファーはこちら
リビングソファー2
これのソファーのみ2点セット。
この色はいまいち好みじゃないけど
店に並んでいたのはリーベルビターという色!惚れた。
でも高い・・・・・・・・・

こうやって予算をオーバーしていくんだろうなぁ。。
さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。