スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い冬をどう過ごすか part2

さっそくですが前回の続きです。

前回クドクドと書いた割にはぼやけた文章だったので、数値化してみました。
※前回を読んでいないとわからないのであしからず。

まず
●蓄熱のみ使用方式
使用の特徴
24時間ポカポカだが寒い日など夜の11時まで持たないときがある。しかし暖かさがムラなく非常に快適
一日の電力使用量は60kw~75kw。電気料金は1000円~1200円

次に
●蓄熱はファンを回さず使用し、足りない熱量をエアコンでまかなう方式
※エアコンは6時~24時に限って運転(設定温度は24度)
※エアコン停止時24時~6時における最低室温は14.6℃なので我が家では許容範囲(寒くて布団から出られない程度では無い)
使用の特徴
エアコンの暖かさのムラ(特に床面)を蓄熱によってカバーする形。しかしどうしても暖かさにムラがでる。蓄熱メインにはかなわない
一日の電力使用量は40kw~50kw。電気料金は800円~1100円

最後に
●エアコンのみ使用方式
※エアコン24時間運転(設定温度は24度)
使用の特徴
何かしていれば気にならないが、横になっていると肌寒さを感じてしまう程度の暖かさのムラが気になる
一日の電気資料量は30kw~40kw。電気料金は700円~1000円


電気量の比較においては顕著な違いがみられるが、料金とすると若干の差となる。
もちろん蓄熱が電力消費の大部分をしめるが、電化上手とマッチングしているからなのは明白。
蓄熱使用時よりもエアコン使用時のほうが料金の幅が広くなることについては、
外気温がエアコンの運転に直結して影響をするからと思われる。
蓄熱使用時ももちろん外気温が影響するが、蓄熱がなくなると追加蓄熱を行わないため料金の幅はエアコンほど顕著ではないようである。

余計なことは抜きにして月の電気代となると
●蓄熱のみ使用方式は 30000円~36000円
●蓄熱+エアコン方式は24000円~33000円
●常時エアコン方式は 21000円~30000円

月の料金としてみると結構大きな違いを感じるところ・・
実際は太陽光の自力電力供給があるためこれが実際の支払額とは異なってくる。
そして太陽光の売電は1kw37円であり、昼の買電は31.64円の差額から昼間の電気は使うより売ったほうがコスパがよくなることを考慮すると昼間電気を使わない蓄熱のみ方式が恩恵が大きくなり、実際の電気料金の差は3つの方式とも縮まると考えられる。

結局どれでも一緒だから快適な蓄熱一択なのか。。
エコを目指してエアコンにするか。。

みなさんの突っ込む声が聞こえてきます。
エコ目指す奴が蓄熱いれねぇーだろ!!!  

我が家は蓄熱ガンガン使用が最も良い選択のようです。

※その他の細かな設定は無視していますのであしからず。笑
スポンサーサイト

寒い冬をどうすごすか?

我が家のノートPCが壊れました。。
そういった訳で更新が遅れたということにしておきます。

さて、我が家はそこそこの断熱の住宅を建てたつもりです。
(所詮高性能GWですが・・・)
そして、暖房設備をエアコンと蓄熱暖房機を導入しました。
そんな中、初めての越冬となります。

ここまでの家族の意見と暖房計画について振り返りをしてみたいと思います。
暖房計画については以下の4通りを試してみました。
①蓄熱暖房機のみの運転
②蓄熱暖房機をメイン、エアコンを補助として運転
③エアコンをメイン、蓄熱暖房機を補助として運転
④エアコンのみの運転

結果から言うと
家族の快適さを感じる順序 ②≒①>③>④
省エネという観点から順序 ③=④>②>①

まぁ当然といえば当然の結果。。

 ・蓄熱暖房機の良さ
  LDKどこにいても寒さを感じない。
  床面から温かく感じる。
  風を感じない。
・蓄熱暖房機の弱さ
  細かい温度調節はできない。(24時間暖房と同じ)
  熱量が無くなると終了
  電気代が1日40kw以上必要(深夜電力)
 ・エアコンの良さ
  細かい温度調節が可能(予約運転ができる)
  電気代が一日15kw程度(室温24度設定24時間運転時のおよそ)
 ・エアコンの弱さ
  冷たい風を感じることがある。
  場所によって暖かさの違いがわかる。
  床面が寒く感じる。

といった特徴を感じ取ることができました。
分かりやすく表現すると
蓄熱暖房機はソフな暖かさ。エアコンはシャープな暖かさといった感じでしょうか。
同じ室温でも暖め方の違いで我が家では蓄熱が人気のようです。

それ以外にも、我が家の娘が小さいということもあり、当初蓄熱、エアコンも深夜運転をしていました。
(蓄熱はしたくなくても運転していますが)
しかし、嫁が深夜の暖房機器に弱いらしく年中「喉が痛い!」と訴えるので暖房機器を止めてみたところ、
さほど深夜に温度が下がらないことが判明(最低でも14度程度ある)

いまだにどう使っていこうか模索中な我が家です。。
後は電気代にどの程度の差が表れるのかも確認が必要そうです。

蓄熱や床暖、パネルヒーターを使っている方はどうしているんでしょうか?
聞いてみたいところです。
さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。