スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入居後一年が経ちました。 part4~和室引き戸編~

めっきり寒くなってきましたね。

タイトルの通り今回は和室の引き戸(戸襖について)です。
以前のレスでもひと悶着あったことはトラウマのように鮮明に覚えてるさわパパです。
2015/7 戸襖についてのやり取り
2015/7 戸襖の高さについて

自分のものを見直して今更ながらに気が付きましたが・・・
記事では最終2300mm高の戸襖となっていますが、最終的には2400mm高の戸襖をいれています。w

どこぞの職人が以前に似たことをやったとかで反っても文句を言わない!(施工側に責任はなし)」という条件で入れていただきました。

今まで和室について結構記事をアップしていましたが、疑問に思った人もいるかもしれませんね。。すいませぬ。

さて・・前置きが長くなりましたが一年経ってその戸襖はどうなったかのか?

内覧リビング和室1 内覧リビング和室2 内覧リビング和室天井
その戸襖はこれです。(↑竣工直後のきれいな写真ですw画像が荒くてすいません。)
IMG_20161016_151323.jpg → IMG_20161016_151323加工
青で囲んだ部分が噂の(?)2400高戸襖となっています。
この遠目の写真でもいくらか反っているのがわかるでしょうか。。。

寄って見ると
IMG_20161016_151207.jpg     IMG_20161016_151200.jpg
   戸襖の中程                     戸襖の下部
   (1200mm高さ)
おそらく戸襖と壁との隙間は「戸襖の下部」の程度が本来の状態のようです。
それに比べて「戸襖の中程」はかなりというかほとんど壁との隙間がありません。

開け閉めができなくなったり、できても重くなったりする程の支障は今のところはありませんが・・・
今後は要注意案件となっていくことでしょう。
強いて言えば戸襖の取っ手?の部分が引っかかります。(他の戸襖や壁にあたる)
IMG_20161029_084452.jpg  IMG_20161029_084517.jpg
しかし、よくよく考えてみると入居当初から引っかかっていたような気も・・・笑
ご覧の通り取っ手が若干出ているんですよね。
反り以前の問題だったりします。汗

なんだかんだ書きましたが、戸襖については
・確かに少し反っている。
・しかし、まだ開け閉めに支障が出るほどではない。
・気になるのはもともとの取っ手の部分じゃないのか?

ってことです。

あぁ。。簡潔に書けば3行で終わるレスだった。。。。汗

2400mm戸襖!さわパパのチャレンジャーぶりをご紹介いたしました。
同じような設計した方がいたら設置の感想を聞いてみたいところです。

スポンサーサイト

入居後一年が経ちました。 part3~内玄関編~

いよいよ屋内に入ります。

まずは玄関

現在は
IMG_20161016_151553.jpg
こんな感じです。
入居後一年が経ちました。 part2~外玄関編~でも書きましたが
タイルの汚れが目立つ!
残念です。。涙

気を取り直して・・5人の居住者のシューズクロークを設置することで常に玄関には
クロークアクセスやポストアクセスのための共有サンダルが出ているのみです。
以前の実家では考えられないことだったので個人的には嬉しい限りです。

そのシューズクロークはかなり大きく取ったつもりでしたが、思った以上に余裕がない状態です。
5人分のシューズクロークは
IMG_20161022_134552.jpg  IMG_20161022_135637.jpg
こんな有り様です。
よく言われる「スペースがあるからあるだけ入れている」感は否めませんが・・・^-^;

これとは別に、常に履く靴(仕事と普段の日常靴)は玄関のホール側に
IMG_20161016_152416.jpg
写真のような学校の下駄箱仕様に設置しています。
靴も「普段」と「その他」と分けることで使い勝手はそれほど悪くありません。(不便さは感じない)
ちなみに下駄箱仕様の右横に見えるところはコートクローク。
そこそこ活躍しています。w
無くても問題はなさそうですが、あったら便利な感じですか。
住む人の導線に
玄関→コートをかけておく
などの習慣が必要かどうかと思われます。

チラチラ見え隠れする扉設置の全身鏡は・・・間仕切りもあり無駄な感じになってしまいました。

相対的に設計の段階で広く取れない玄関をうまいことまとめられたと考えています。
「広さを求めて収納が溢れる」失敗だけはしたくなかったことと我が家の希望「物が見えるところに溢れないようにする」
がソコソコバランスよく収められたこと、導線的に不都合はないことが理由です。

内玄関は以上です。



入居後一年が経ちました。 part2~外玄関編~

今回は外玄関について書き留めておきます。

玄関の塀やアプローチについては建てる前に「玄関アプローチ」で考察をしましたので興味があったら読んでみてください。

さて・・実際に我が家のアプローチはどんな感じかというと・・
IMG_20161016_113657.jpg
こんな感じ。

当初、設計の段階では黄色と緑の矢印のみのアプローチでしたが、無理を言って青のアプローチを確保しました。
このアプローチを作るにあたり、玄関タイルが増える等の増額問題も大きな壁だった気がします。

実際生活をしてみると、3つめのアプローチは正解でした。
2歳半の娘は必ずここから降ります。黄色の階段より若干高さが低いようです。
幼児が降りやすいのならば高齢者も同じだと思います。
記事を書くにあたり、思い出してみると娘と散歩に行くときや車以外で帰ってきたときは、ほぼ青のアプローチを使っていることも判明。直接道路に降りるアプローチは造ってもらって正解だったようです。

IMG_20161016_151701.jpg
建物側からみるとこんな感じ。なんの飾りもない打ち放しの塀なのでお勧め感はゼロですが、ないよりはましですねw

次は玄関タイルについてです。
「玄関タイルについて」で考察をしていますので興味があったら読んでみてください。
ちなみにタイルは
商品名  陶墨染Ⅱ(とうぼくせん)
商品説明 使い込まれた敷瓦をイメージした和モダン調の床タイルです
ってやつです。

何も語らずもう一枚アップします。
IMG_20161016_151634.jpg
おわかりでしょうか。。。





汚れが落ちない!!!
んです。orz
高圧洗浄機でも効果は薄く・・・
春先の花粉の時期は黄色い粉が山盛り小さな凹凸に入り込んで見ているだけで鼻水がでそうでした。汗
まさかこんなところに落とし穴があるとは。

デザインは気に入っていただけにちょっと残念な感じです。

外玄関についてはとりあえず以上です。

入居後一年が経ちました。 part1~庭編~

ネタがなくて更新をしていませんでした。汗

さて・・そんな中入居後一年が経ちました。
おさらいですが、我が家は妻と娘、そして両親の二世帯5人で暮らしております。
今回からはネタの限りこの一年の感想を綴っていきます。

まずは外回り。

外の納戸です↓
1年考察外納戸
外にしまうものなんてそんなにないとおもってこの奥行きのものを購入。
これが大失敗。
入りきれない畑の肥料やら、おやじの工具、道具がわんさか・・・
ケチったのがまずかったようです。。汗

次は家庭菜園
1年考察家庭菜園
家を建てるにあたり、ここに黒土を10万円分つぎ込みました。
夏場にはトマトやナスキュウリなどを娘が採取する等の生活における教育にはとてもgoodでしたが、
気を付けてみていないと余計な花や植木、しまいには石などが持ち込まれビオトープか!って具合になっていきます。
絶えず母親とのせめぎあいが・・・笑

次は1F東側掃き出し窓にサンシェード+目隠し設置
1年考察東日よけ全体
目隠し効果をイメージして入れたYKKAPのAPWの窓は目隠し効果?があるだけで夜はやっぱり丸見え 汗
なのでシェードを設置することに。
一度杭?のようなもので土に埋め込み設置を試みましたがちょっとした風に負けてフワフワと・・・
そこで
1年考察東日よけ打ち込み
上のようにL字金具をコンクリートにぶち込み、U字金具で固定。
今年上陸した4つの台風もびくともしなかったことから安心のようですが・・
冬に向けていつ取り外すのか・・・
それとも年中設置になるのか・・・

ってな具合です。

なんか入居の感想のはずが方向性が違いますね。。
まぁそんな感じで続けます 笑


さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。