スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬場の室温(LDK)について

先日、我が家のLDKにおける暖房設備の使い方について色々試した結果
「蓄熱暖房機を主力としてエアコンは使用せず」という「電気代などクソくらえ!!」という方針を決定したことをお伝えしたかと思います。
そうは言ってもしがないサラリーマン。
ローンもしこたま残っているし少しでも光熱費を抑えたくチマチマ試行錯誤しております。

今まで蓄熱暖房機については24時間常にセンサー温度20度に設定しファンの自動運転をします。
(我が家は現在LDK接続の和室で親子三人寝ていることもあり)
今回、光熱費を抑えるひとつとして「深夜蓄熱のファンを回し続ける必要はあるのか?」という疑問の検証をしてみました。
分かりやすく書くと検証を行う居室はLDK+続きの和室で22畳あり、ファンを切ると冬の寒さが厳しいこの時期は温度が下がっていきますが、その下がり具合がどうかということです。

必要か必要でないかの我が家の判断は以下の通りです。
・第一に2歳の娘が布団から抜け出しても風邪をひかない温度を保てること。
・朝起きるのに寒さが気にならないこと。
です。
また、検証する運転状況は・・
①一番遅い就寝者(ほぼさわパパ)がファンを切る。(おおむね23時~24時)
②朝は6:00に自動予約を入れる。
要するに24時~6時は輻射熱のみ。この時の最低室温調査です。

さて、、検証の結果ですが以下の表にまとめてみました
深夜蓄熱気温検証
あぁ・・項目がおかしい^-^;
左側がLDKの24時~6時の最低気温です。温度計の示していた気温なのでどの時間かは不明。
右側は住んでいる地域の外気の最低気温です。
外気の最低気温を調べていて初めて知ったのですがおおむね朝の6時が一番寒いんですね。。

さて・・あれ?思ったよりも温度が保たれてる^-^;
蓄熱運転時は設定20度といいながら室内気温は22度前後を考えても結構頑張ってる感があります。
数字が示すとおり我が家の判断基準も問題なくクリア。。。

そこそこの断熱性能と蓄熱暖房機の性能。。侮ってはいけなかったようです。
断熱材とアルディー(蓄熱暖房機)さん申し訳ございません!心から反省しますのので今後もどうぞよろしくお願いします!!!
※3枚の掃き出し窓とハニカムカーテンの効果も見逃せませんが・・(過去記事参照)

結果、今まで無駄遣いしすぎだろう!という事だったようです。 汗




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。