スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぉぃおいおぃぉい

※今回の記事はさわパパの愚痴です。間取り、設備など住宅に関する話題ではありません。
  無駄なので読まないことをお勧めします※


さわパパもびっくりの
ぉぃおいの続きです 涙

本日またもや手書きによる間取りが出されました。
前回ぉぃおいで提案されたものとなんら変わってない!
(ちょっとは変わってます^^;)
45坪(ちょっと増えたでしょ)の間取り的には変わらない代物。
さすがのさわパパも(どこがさすがかは突っ込まないでください)
帰宅後即電話。
さわパパ「あの。。なんで45坪なんでしょうか?全館空調あきらめたこと工務店さんからお伝えが
もしかしてありませんでしたか?」
設計士さん「ありましたよ。どうですか?間取りで気になるところは?」
さわパパ「えっと。見積もり50坪だったのにどうして45坪なんでしょうか?」
設計士さん「それについては工務店さんとどんなお話しましたか?」
さわパパ「前回50坪で全館空調入れて300万オーバーだったはずなので全館空調はずしたら
単純計算50坪でどうなんでしょうか?」
設計士さん「それは工務店さんがさわパパさんと話し合ってokなら書きますよ。」
・・・設計士さん曰く工務店さんの予算から坪数を出してもらわないといつまでたっても描けないとのこと

さわパパさっそく工務店さんにお電話
さわパパ「あの。。設計士さんに何坪か決まらないと描けないと言われたんですが」
工務店さん「さわパパさん。間取りが出ないことには予算が決まらないんですよ」
・・・
・・・・・・・・・・
これってどうなのよ!

確かにどちらの言い分にも一理ある。
でもね。そこをバランスとって提案するのが仕事じゃないんですか?
「さわパパさん。今回のご予算だと50坪だと足が出るかもですがよろしいですか?」
とか
「今回のご要望だと45坪でキツキツ。48坪くらいは欲しいところですが、予算がちょっと足出ちゃうかも。
そのときは何かしら相談しましょうね」
とかないのかい!

愚痴っていても仕方ないので嫁と相談。
設計士さんに再度電話して「48坪で描いてください。」と伝えました。

言った言わないになりたくないのはわかるけど。さわパパそんなにガメツク見えるのかな 涙

妻も今回のやり取りを聞いていてサスガにさわパパが悩んでいるのがかわいそうに思ったらしく
妻のやる気がやっと出ました。
自分で間取りを提案するといってました。 エヘヘツ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

話が全くかみ合ってないですね。

工務店は間取りを見て、積み上げで見積もろうとしている。→結果的に坪単価いくらになりました、というやり方。
設計士は坪単価から予算に合うサイズにしようとしている。→坪単価が先にあってサイズをかけていくら、というやり方。


・・・ちなみに設計士さんて、工務店からの紹介ですか?

もしそうであれば、
「予算の目安はこれこれなので、設計士さんと工務店さんでお話した上で、両者でご提案ください。」
で良いと思いますけど。

普段から一緒に仕事をされているのであれば、その辺客に押し付けるのは違うと思います。

そうでなくて、施主がそれぞれを見つけてきて分離発注しているならば、こういったことは往々にしてありそうなことで、施主がコントロールをしなけりゃだめでしょうけど。

いずれにしろ先々心配な感じですね。

Re: No title

さすがHさん!
コメいただけると思っておりました。

そうそう。そんなのそっちで打ち合わせしとけやゴラァ!
みたいな^-^;

・・・ちなみに設計士さんて、工務店からの紹介です。

そして建物予算、その他設備の予算希望を伝えてあります。汗

「予算の目安はこれこれなので、設計士さんと工務店さんでお話した上で、両者でご提案ください。」
っていってるんですが埒があきません。

話は変わりますが、妻が今年の春先まで勤めていた職場(バリバリ建設・設計関係のお仕事)のご友人が先日久しぶりに遊びにいらっしゃって、ぶっちゃけその方たちは間取りを最終的には自分たちでほぼ提案したことを
調査により聞き出しました。
よって妻は自分が間取りを作ればよいのだと本日言ってのけましたので頼りにすることにしました。笑
とりあえず前に進んで欲しいですT.T

No title

あ、今思いついたことが。

45、46、47、48、49、50の各坪数で、間取りを書いてもらいましょう →設計士さんに

で、それぞれ工務店さんに見積もりしてもらいましょ。

・・・ま、本当にやらなくてもいいんです。
「あなた方がそういうスタンスならこうするしかないけど?」って感じで。

自分で間取り書くと、後で何かあったときに微妙な話になりそうな気がするんですよねぇ。
ただでさえあいまいな責任の所在がさらに、という感じで。

家を建てていく中で、建てる側の都合であったり設計のミスであったりで、設計自体を見直さなければならないことって、結構な頻度でおきると思います。(我が家もありました)

いざ、そういったことがあって、費用が余計にかかる、なんてとき、誰が責任を取るのか(費用を負担するのか)って考えてしまうんです。
上手く言ってるうちは良いんです。

Re: No title

なはは^^;
45~1坪ごとの間取りw
いい案ですが、今後友好におうちを建てたいので却下です!!!!笑

大きなお金を払って、それほとんどが技術料で、あの態度はないよな~
と思っちゃいました。
あっ設計士さんにとってははした金かもですけどね。

さすがに同業者だし無関心を装っていた妻も
「悪いけどこれならパパでもできるよね。プロのすることじゃない!」(微妙に私に失礼な奴!)
と吠えておりました。
おかげで娘が大泣きしてましたが^-^;

まぁこちらからの間取りは提案とういスタンスは崩さないでいきます。
そう「はした金分は働いてもらわないと」ということで。

なにやら嵌まってますね(^-^;

基本的には工務店の言い分は正しいんです
間取り決めて使う柱、壁材、床材を積算して金額を出すので
坪いくらなんてのはこれまで建ててきた物件の平均値みたいなところがありますので

ただ、フォローがなくたらい回しは無いですよね(^-^;

うちは間取り自分で決めましたよ

希望出して叩き台作ってもらう→
気に入らんところなおすのループで
何社かに競合してもらってましたんで
いいとこどりで笑
んで、工務店に間取り調整して貰って
設計士に提出って流れですね

頑張って下さい

Re: タイトルなし

オッサンさんの返事もお待ちしておりました!

はい。嵌まってます(T.T

最初から不変の予算ありきのものに
ファーストプランでは50坪、全館空調、ガレージ、エレベーターまで
案に入れていたのに(当然却下)

全館、ガレージ、エレベーター抜いて50坪で書けないあたり
「どうかしてるぜ!」とか思っちゃいました。
挙句に坪を設定していただかないとなんて言われると開いた口が何とかな・・・

最初は「素晴らしいでしょ!」ということでお客が食いつくいい導入だと思いますが
展開がなっていません。
多少オーバーしますが、
「今回50坪で間取りを作ってみました。それとこれは予算を見て45坪のものも作りました。比べてみてどうですか?」位の提供が欲しいのはよくばりでしょうか^^;

No title

まだ、設計士さん、工務店さんとも正式契約は未だですよね。

私も同じように先に工務店を決めて、工務店紹介の建築士さんと建てました。まずは設計士さんとは、コストのことは抜きに、間取りを固めて、それから改めて工務店に概算見積もりを出してもらいました。その上でエレベータ外したり、坪数を減らしたりとか、3回くらい概算で出してもらいました。

それで契約したんですが、大きな失敗としては詳細見積もりを出してもらってから契約すべきでした。案の定、詳細は金額がアップしてましたから。

さわパパさんの例だと、工務店さんの言い分の方が筋が通っているし、さわパパさんが責任を持つからまずは48坪でかいてください、というのも正しい要望と思います。それに対して建築士さんがどう返答されたのがわからないのですが、良い返事ではなかったようですね。なんでだろう?

せっかく建築士さんに頼んだからには、その提案力に期待したいですよね。

Re: No title

設計士さんとはすでに正式契約をむすんでおりまする^-^;

工務店さん伝手なのでどの道工務店さんとも正式契約を結ばないと成り立たない状況です。

一度は自嘲しましたが書いちゃいます笑

坪が膨らむ分を1階においては指定しました。脱衣所広くとか・・
そして2階は全体的に余裕を持った間取りで(居室と収納、トイレ、洗面台のみの仕様)
お願いします。そこは設計士さんのアイディア期待してとお話ししたところ。

それじゃ描けない。優先順位は収納なのか、部屋の広さなのか、はたまたどの部屋なのか?
と不服的に聞かれました。

最終間取りの確定じゃないんだからそんな言いぐさあるのかなって思ったもので 汗
設計士さんのアイディア分設計料を払っていると思ってまして 汗

No title

え~~~!

なんだか、両方とも無責任な気がしますね~。

もちろん、それぞれの担当する部分というのはあるのでしょうけど・・・

でも、お客さんが間に挟まれてる感じって、おかしいですよ~!

工務店さんと設計士さんの関係がうまくいってないんじゃないかと、勘ぐってしまいますね・・・・。

双方とも、もう少し提案力と、あと誠意があってもいいような気がします。

そんなことがあると、不信感いっぱいになっちゃって、
このあとのお家づくりも楽しくなくなっちゃいますよね・・・・

とにかく、いい方向にお話が進みますように・・・・

No title

2Fに余裕があるならば・・・

・吹き抜けを作る
・廊下に余裕をとって、ちょっとした共用の収納や飾り棚を作る
・もっと余裕をとって、ちょっとした子どもの遊び場やスタディスペースを作る
・もっともっと余裕をとって、ちょっとしたセカンドリビング的なスペースを作る

みたいなアイディアをプロならさらっと出してもらいたいところですね。

こういったときこそ、住宅展示場を巡ると色々なアイディアが転がっているものですよ。

Re: No title

>あすみんさん

お慰みありがとうございます=^。^=
そうそう。提案力が欲しいですね。
施主をワクワクさせるような。。(予算の範囲前後でw)
はい。今のところ楽しくないです^^;
でも吹っ切ってこちらが提示したものが出てくるはずなので楽しみにして・・いてください笑

>Hさん
そうですね!嫌というほどいろいろ見てきたものが実現できる機会と捉えています^^
セカンドリビングは妻が却下です 汗
ちょっと思ったのは子供部屋(4.5と狭い)にロフト+下収納なんていうのもいいかなって^^
とりあえず設計士さんは優秀な方なので次の提示を信じて・・いてください 笑
さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。