スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歩進んで99歩戻る

残念なスレです。
結論から言いますと設計士さんを代えていただくことになりました。

最後の最後、丁張りをするということで現地にて、はじめて仕上がった(CADで製図した)図面を見せていただきました。
そこには・・案件であった「メートル高低差が下がった北道路にかかる斜線規制」に見事に引っかかった図面。
そしてその斜線規制を避けるために南に建物が約1800mm動かしたものでした。
確かに、北側敷地内に足場を組むにあたり、多少南にずれることは了承していました。
しかしそれも600mmがいいところという話であったはず。
斜線規制は間取りの段階で避けたはず。
最後に軒を600mm出したいと言ったのは私です。
それでも軒が無くても斜線規制にかかっているという図面。
更に言えば、予定より1000mm以上南にずらす事について、施主である私に一言も連絡がないって・・。
「80坪そこいらの土地で予定よりも1mもずれるのは大事じゃないのか?ましてや南に」
何せ南側にはすでに住宅が建っています。日当たりに影響も避けられないのは明確です。
そして「ここまできて施主が妥協するモンなのか?」とさわぱぱ路頭に迷っていると妻が
「あなたが我慢するものなの?住むのは誰?お金払うのは誰?こんなのおかしいよ。」と。
この一言で決意は決まりました。

工務店さんには申し訳ないですが、はじめからやり直したい意向を伝え、
設計士さんを代えてもう一度仕切りなおしをお願いしました。
理由を切々と工務店さんにお伝えすると、工務店さんも施主と設計士の間で意見の統一が図られていないことに当の昔に感じていたようで、ご理解(内心はお怒りだったかもしれませんが)頂いた次第です。

妻はセカンドプランあたりから不安を抱いていました。
「もっと早く、私がはっきり注文付けていれば工務店さんに迷惑かからなかったかな。。」と
いやいや。私に遠慮してくれていたんでしょ。というか私が強引に進めたがっていたんですね。
妻の先見の目の鋭さにはひれ伏すばかりです。

最初のHM回りしていたころの希望に満ちた楽しい家造りはどこへ。。
とにかく、楽しく。。。楽しく家が造りたいです 涙
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エレベーターとかインナーガレージのくだりのあたりから、

「設計士替えちゃえばいいのに」

と喉まで出掛かっていた私としては、これでよかったのでは?と思えてしまいます。

工務店への迷惑どうこうも考える必要はないかと。
(工務店の紹介でしょ。ポンコツ紹介しやがって、と怒っても可です。)

なにより、奥さんのセリフが真っ当です。
周りに配慮ばかりしていると、肝心の家族が幸せにできませんよ。

家作りは「闘い」の側面が必ずあります。
最悪の場合、工務店や設計士とは二度と顔を見たくない関係になっても、
良い家を建てた者が勝ちです。
関係を壊すことを恐れて、言うべきことを言わないのは失敗に繋がります。

リスタートが上手くいきますように。
さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。