スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷地の配置考察1

お久しぶりです。
年末に向けて仕事が忙しく、大して記事もなくかなり放置してしまいました。
はい。イイワケスイマセン ^-^;
このまま放置すると書かなくなる恐れがあり、今までアドバイス、閲覧いただいた方々に申し訳が立たなく思い再出発をさせていただきます。今後ともよろしくお願いします ^-^;;;

今までの経緯を知っている方には説明不要ですが・・
さわ蔵ぱぱのお家を建てるにあたり、道路の斜線規制?(未だによく分かってない)等々難しい問題があります。
さらに、隣接住宅による日照などの関係や駐車場の確保、生活動線(駐車場から玄関など)から少々シビアな制限が頭を悩ますところです。このことにより、前回の間取り提示は最後ダメになったといっても過言ではないくらいに。

そこで、自分なりに考えてみました。
まずは土地を取り囲む状況。
駐車場案件
全体的な説明ですが、図の通り北側に道路、西側に(土地)共有道路東と南に2階建て住宅となっています。
日照的には左上に寄るほどに条件が良くなります。ただし、北側道路については土地の東側にいくほど高低差があります。(北側のもっとも東側は1mの高低差、もっとも西側が15cm程度の高低差。)

まず第1案
駐車場案件2
※ 薄青が駐車スペース、薄ピンクが建物スペースです。

 ポシャった前回案の形。もともと段差のない西側をうまく使って駐車場の工事費用的には最低限度におさえられる仕様。ただし、斜線規制の厳しい北東側が非常にタイトで二階にアイディアが必要となる。また、かなりいびつになるため間取りの制限も出てきてしまう。

次に第2案
駐車場案件3
西側にアプローチと玄関を配置する形。生活動線を優先したもの。この場合、建物が南側に出てきてしまい、庭や日照といった課題が残る。しかし、建物の形はシンプルになるため間取りを造りやすい(と思う)

最後に第3案
駐車場案件1
駐車場を2つに分ける案。建物的には日照、形ともにベストに近いもの(と思う)ただし、北側1mの高さがある場所を掘り下げて駐車スペースを確保するため工事費が100万ほど余計にかかる。

といった所です。
西側の道路が南側土地所有者との共有地であることが判明。(南側の土地で行き止まりの道路)
そのため、法律上道路と見なされず、北側に階段or門扉らしきものを設置しなければいけないという条件も出てきました。

余計に資金がかかっても3つめの案がよいのかなぁ・・・と思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。