スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補助金を搾り取れ!

見積もりの段階で500万オーバーは痛い。
もちろんメリハリを付けて金額を下げていくことが本筋ではありますが、
補助金もしっかりいただかないといけません。

まずはフラット35s狙い。
設計士さんにお話をしたところ、
断熱仕様で申請すれば床の断熱材の変更でその他は該当するとのこと。
さらに予算の増額無しに金利Aプランでいけるとのこと。
ありがたい!

金利Aプラン(国の補助)とは
当初10年間、金利を0.6%引き下げ措置(国が補助)というもの

我が家では100万近い減額になる。

また、住宅エコポイントもフラットSが通る時点で、その断熱証明によりこちらも通過するはず。
(フラットよりも基準が甘い)
満額30万の補助。

最後に住宅ローン控除。
これは誰でも控除対象ですが・・
10年間控除で150万弱。

その他、県産材補助、太陽光補助。(金額は分からない汗)

等々・・なんとかローンの金利くらいはまかなえると嬉しい感じです。

他に補助あったら教えて下さい!!!!!!!!!
求む!補助金情報!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

だいぶ進んできましたね

工程が進めば進むほど悩みも増えてくる・・・
我が家もそうでした

特にお金については、無い袖は振れませんし、かといって安易に諦めたくもないし・・・

でも結局は妥協の積み重ねになってしまうんですよね
悲しいですけど

さて、補助金の件ですが、わたし個人の考え方で大変恐縮ですが、補助金ありきと考えれば考えるほど、本来の完成姿(本当に建てたかった出来上がり)とドンドンかけ離れていってしまうような気がします

もちろん補助金の有効活用は必要ですが、当然シバリもありますし、しっかりとした下調べと、意図する用途であるかの見極めは必要だと思います

ちなみに、こんな補助金制度もあります

     ↓  ↓  ↓

http://www.chiiki-brd.jp/home/summary/tabid/58/index.php


上限100万という大きな額ですが、個人での申請ではなく、工務店や住宅事業に関わる企業に割り振られ、そこから個人に充てられる方式です

対象事業者との接点を作らなければならないし、そこが自分と合うかどうかもあるので、けっこうハードル高いですが、金銭メリットは大きいと思います

27年度からは名称も変わって、補助対象も拡大されるようですね
参考になれば・・・

↓  ↓  ↓


http://www.mediasupport.co.jp/2014/info/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%94%A8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B801/

Re: No title

juveさんありがとうございます!

> 工程が進めば進むほど悩みも増えてくる・・・
> 我が家もそうでした

そうなんですよねー
設備の見積もりも徐々にいただいているんですが、施主支給のほうが断然安いんじゃね?
みたいな。。(エアコンとか)しかし、あんまりケチって工務店に「良い仕事」してもらえないんじゃ元も子もないですし。。とか思うと、線引きが難しいです。省ける支出は減らしたいのが施主の心情ってやつが邪魔をします。

> 特にお金については、無い袖は振れませんし、かといって安易に諦めたくもないし・・・
> でも結局は妥協の積み重ねになってしまうんですよね
> 悲しいですけど
> さて、補助金の件ですが、わたし個人の考え方で大変恐縮ですが、補助金ありきと考えれば考えるほど、本来の完成姿(本当に建てたかった出来上がり)とドンドンかけ離れていってしまうような気がします

たしかに!これは注意ですよね。補助金が目当てになってしまって、本来自分が描いていたものが変わってしまっては本末転倒ですね。気をつけてます!笑

補助金情報ありがとうございます。
結局の所個人で補助を引き出そうとすると、他にはなかなかないもんですかね。
知らないで貰えないのと、知っていて申請しないのは大きく意味が違うので大変助かります!

施主支給のほうが安いのは当然です。
安くても、工事に絡むブツは工事のタイミングに合わせて施主が現場に届くよう手配しなければなりませんし、不良品などの対応や保管責任も施主になります。要は面倒を引き受ける分安いということです。

工務店からすると、利益を設備で計上する場合もあるので、なんでもかんでも施主支給にするのはいやがられることもあるでしょうね。

でもエアコン照明カーテンなんかは施主支給する人も多いと思います。
それで工事をちゃんとやらなくなるような工務店なら、最初から発注してはダメな相手ということです。

Re: タイトルなし

Hさん。いつもありがとうございます!

> 施主支給のほうが安いのは当然です。
> 安くても、工事に絡むブツは工事のタイミングに合わせて施主が現場に届くよう手配しなければなりませんし、不良品などの対応や保管責任も施主になります。要は面倒を引き受ける分安いということです。
> 工務店からすると、利益を設備で計上する場合もあるので、なんでもかんでも施主支給にするのはいやがられることもあるでしょうね。
>
そうそう!そうなんですよね。先日記事に揚げるさせていただいた予算書についても、アバウトなんですが、ひとつひとつ説明を受けているとぶっちゃけ工務店の利益はそこでしかないような感じでした。。。

うーん。スッキリgoサインを出せることはないみたいです^^;
さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。