スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEB内覧~キッチン周り~

内玄関に引き続きキッチン周りを説明します。
(大して工夫はありませんのであしからず)

まずは大体の見取り図
キッチン間取り


内覧キッチン1  内覧キッチン2
キッチン自体はリクシルのリシェル。IH、食洗機付
色は冒険してたくあん色 笑
カウンターは迷った挙句に作業台から+12cmとか中途半端な高さに。
そしてなによりカウンターの収まってません!ご覧のとおり手前側が数センチ出てます^^;

内覧キッチン4
カウンターは奥行き40cmに。これだけあれば料理を置いたりするスペースとしては嬉しい広さです。
カウンター直下にみえるのは蓄熱暖房機^-^;
蓄熱のおかげでカウンター下のデッドスペースは何に使うか(置くか)未定・・

内覧キッチン3
キッチンから背面の食器棚までは124cmを確保させていただいたので広々できそう。
料理中に後ろのものをサッと取るのは微妙。実際使ってみてです。
写真右奥にパントリーが見えます。

パントリー1
パントリーは入り口からみるとこんな感じ。勝手口を作り、買い物した食料が玄関を通らずに出し入れできるようにしてみました。
向かって左側にそこそこの容量を誇る収納を。
内覧パントリー2
右側にはゴミを分別できるように土間に。
あ・・棚作るの忘れた。。上部空間に何も置けない無駄なスペースになってる 汗
後で考えよう。。

内覧キッチン7
再度キッチンに目を向け、背面の食器棚等。
何の変哲もないリクシルの食器棚です。
十分すぎる収納と思われますが、予定では右のほうの棚は本や実生活に溢れてくる物を入れるつもりです。
内覧ダイニング1
まだ何もありませんが、ここにダイニングテーブルをおく予定。
内覧キッチン6
キッチンとダイニングを隔てる部分は柱のスリットに。
ここの要望が上手く工務店さんに伝わらずに苦労しました。
そして、この柱スリットにこだわったため、キッチンが収まらないという状況に。
覚悟の上での柱スリット採用です。
ディメリットを覚悟して東側の掃き出し窓からの採光をキッチンまで取り入れることと、開放感を選択しました。
効果があるかは住んでみて。。
内覧キッチン8
キッチン上部はご覧のとおり天井が20cm低くなっています。(全体天井高260cm。キッチン天井高240cm)
これは換気扇の配管の逃げ場所がここにしかなかったためです。
思い切ってオレンジのクロスを採用して見ましたが、貼って見ると違和感がなく。。

壁・天井クロスはシンコールのスーパーハードタイプ。壁はホワイト、天井はオレンジ。床はノダのネクシオウォークフィットです)

以上なんの変哲もないキッチン周辺でした。 ^-^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。