FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEB内覧~リビング・和室~

今回はリビングとリビングに接続された和室についてご紹介いたします。

和室についてはそれぞれ考え方があるようですが、我が家は
・来客をリビングを通さず和室に迎え入れる
・和室を来客だけの部屋とせず、普段の生活スペースの補助として利用する
という2つの要望を取り入れた間取りです。

ldk和室間取り

内覧リビングテレビ台
まずはリビング東側
造作のテレビボードと間取りにない壁を設置して見ました。
テレビボードの壁はアクセントとしてエコカラット(ランド土もの調)を採用
正直なところ思ったようなものではなかったけど落ち着いた感じになるのでよしとしてます。
テレビとビデオ、ケーブルテレビを置いてみてどうなるか楽しみです。

内覧リビングファン
蓄熱を設置したのもありますが、天井にファンを設置してみました。
暖かい空気の対流が効率よくいくことを期待しています。
右側に天井埋め込みのエアコンが見えますね。。
リビングはある程度見た目にこだわり、壁付けエアコンを嫌って埋め込みの業務用エアコンを設置。
こういうことをしていると予算が膨らむようです ^-^;;
見せ梁にして天井高は2600mmに。
昨今の住宅はこの高さは普通なのかもしれませんが、やっぱり高いって広く感じていいですね。
たかが200mmされど200mm の差です。
.
内覧リビング和室1
和室とリビングを隔てるのは戸襖の引き戸。
実は戸襖は戸面で素材が違うため、「反り」のリスクからメーカー仕様では2000までしかありませんでした。
しかし、和室をリビングに接続させた大きな理由は、広々としたリビングを視覚的にも感じるようにと考えた訳で
リビング2600mmの天井から600もの壁がおりてくるのはいやだぁぁぁぁ!!
と粘ったところ、そういった技術力のある建具屋さんにお願いして和室の天井高2400mmにあわせた戸襖を設置することに成功しました。問題は今後の「反り」ですね。汗

内覧リビング和室2
その戸襖を開け放つとこの開放感!
とりあえず満足しています。笑

内覧リビング和室天井
この写真を見ると。。あれ?和室の天井と建具の高さが違うんじゃないか?と見えます。
実は最初和室の天井は2400mmだったんですが、奥に見える天袋埋め込みエアコンを設置するに当たり高さが足りなくなったようで和室の天井は2450mmになっています。

内覧和室畳
和室は琉球畳。普通の畳を予定していましたが、畳屋さんが発注を間違えたらしく琉球畳を値段アップなしにいれてもらえました。
本当は琉球畳を入れたかった所でしたが予算的にあきらめていたので超ラッキーな職人さんのミス。嬉しすぎます。

内覧和室神棚
和室をリビング接続としたため神棚の位置に苦労しましたが、無事に設置。神棚が入らない高さでしたが、エアコンの寸法により天井高が5cm高くなったため神棚がそのまま置けることに。。こちらも嬉しい誤算です。

内覧和室リビング
和室側から見たリビング。垂れ壁(建具と天井の間をつなぐ壁)が最小限にできたことは非常に大きかったとつくづく思うワンショットです。

内覧和室納戸1内覧和室納戸2
和室の収納は階段下を目一杯確保。来客用の布団をはじめ座布団など。
それと娘のもろもろを収納したいと思っています。

内覧和室物干し
最後に・・・・見づらいですね^^;
和室には室内物干し用の設備を設置。
悪天候時の洗濯を干すスペースとして付けてもらいました。
しかし洗濯機から一番近いこの場所。。絶対に主力の洗濯物干す場となる気もしますが・・

長々と紹介しましたが、真新しいものは特にないです。
まぁ建具高を頑張って2400mmで作ってもらったことぐらいですかね。。

以上リビング和室でした。チャンチャン

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さわパパやる気カウンター
プロフィール

さわぱぱ

Author:さわぱぱ
地元の工務店にて注文住宅を新築しました。そこそこの断熱性能、金食い虫の蓄熱暖房機、こだわりのサイディング等参考にみていただけるとありがたいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。